ACER Aspier RevoをWindows10にしてみました2015/12/25 21:04

スペックは以下の通り。
ACER Aspire Revo 3610 A44
Windows 7 64bit
CPU Atom330 1.6GHz / NVIDIA ION
メモリ2GB / HDD160GB
貧弱ですが、Windows8.1にアップデートできたし、動画再生もできました。

10月くらいにWindows10への無償アップデートのアイコンがタスクトレイにでた、
いざ!Windows10にアップデート!!

完了したと思ったのに、スリープから復帰せず黒い画面のまま・・・。
強制的に電源を切って、再起動してもWindowsが上がったと思ったら黒い画面。
リカバリ領域からWindows7にリカバリしても同じ。

寿命かとWindows10搭載PCを購入して、いままで使っていたHDMIケーブルで接続したら、やっぱり黒い画面。
HDMIケーブルが劣化していたみたいです。(T_T)

新ケーブルを購入してWindows7から再セットアップ。
パッチが山のようにあって、のべ5日くらいかかりました。
しかもAtomのくせに64bitOSでメモリが2GBしかないため、何度もメモリが足りませんっていう警告メッセージがでた。

そのうち、無償アップデートのアイコンがタスクトレイにでたので
Windows10にアップデートだ!

無事に完了してログオンすると「一時プロファイルでログオンしています」と表示され、タイルが表示されない。
レジストリをいじったりしたけど解消されずWindows7に戻す。(T_T)

無事にWindows7に戻ったようですが、NIDIDIAのドライバが消えたみたいです。
画面に黒い縁取りが・・・演技悪(T_T)

初期設定時の管理ユーザ名を変更したのを思い出し、元に戻して再度アップデートに挑戦!

無事にWindows10にと思ったらお度が出ていないのと黒い縁取りは解消されず。
(T_T)
更新がないかと思いWindow Updateを実行したらWindows10の最新ビルド1511とNVIDIAのドライバがあることが分かりました。
ダウンロードを待つがツールバーが66%で止まる。
シャットダウンして電源オフしても解消されない。(T_T)

ネットで、「電源オフではなく再起動するとステータスが進む」というのをやってみたら解決。
音も出るし、縁取りも無くなった!
けど「再起動」と「シャットダウン」で動作が違う根拠は不明。

あ~長いことかかった。

ようやく普通に使えるようになったけど、eMMCをシステムディスクに使ったPCに比べると、起動も遅いのでファイルサーバにしか使わないかも。

iPhone5 GPS2013/04/17 12:46

iPhoneに機種変更したものの、電話とメールくらいしか使っていません。
GPSが内蔵されているので、自転車で活用してみました。

アプリは『Bikemate GPS』

無料のBikemate Liteが問題なさそうなので、有料版を250円でダウンロード。
有料版との違いはメータ表示、ログのメール送信と履歴くらい?
メールなどからデータをロードすることはできないようです。

初期画面はサイクルメータのような表示で、地図画面に切り替えることもできます。
自転車にiPhoneをマウントするつもりは無いので、必要はありませんが・・・。

柏原市役所前でスタートボタンを押して、ロックしてポケットに入れておきます。
この日は満腹錬、立ち寄りポイントも多くてコースも複雑です。

ランチライムにストップして再スタートするのを忘れていました。
途中ケーキ屋で再スタートしたのですが、ログ上は直線になっていました。

ほぼ1日ログしていましたが、電源表示は40%くらいでした。

セーブしようとすると、ログがなくなるという警告がでます。
セーブ形式はルートラボにつかおうとGPXで保存しましたが、Google MapはKMLじゃないと使えませんでした。

ルートラボにアップロードしましたが、8,000ポイントしか保存できんのか!?
一日で1.74MB 18,000ポイントを越えてました。(汗)

明日香・菜の花満腹錬2013/04/13 08:00

ようやく春が来ました。せっかくなので『桜ジャージ』で自宅を出発。
地震があったのでバタバタして、7時をまわったので集合場所に到着する頃にはアップ完了です。あ~しんど。

今日のメンバはいつもの満腹錬とは違って、女子率高くてペダルも軽い。
大和八木まで飛鳥川沿いを南下します。
桜の時期には土手が桜で一杯になるので、少し残念でしたが、代わりに
鮮やかな黄色と緑の菜の花が迎えてくれました。
青空の下、菜の花のまわりにモンシロチョウが飛んでいてイイ感じです。

『だんご庄』でお団子を買って、藤原京近くの醍醐池まで走ります。
醍醐池の回ってみると、菜の花畑が広がっていました。
藤原京の前はよく通るのですが、ココに菜の花が咲いているのは知りませんでした。
花より団子?でお団子を味わったら、撮影会の始まりです。
一面の菜の花が黄色い絨毯のように広がっていました。
醍醐池の南東角の柳の下には百人一首でも有名な持統天皇の歌碑があります。
『春過ぎて、夏来にけらし白妙の、衣干すてふ、天香久山』
歌が詠まれた季節には少し早いですが、この場所は天香久山、耳成山、畝傍山の大和三山を眺めることができます。

ピザ屋さんの開店時間には早かったので、『みるく工房』によって甘樫丘に回ります。
絶好のサイクリング日和の下、明日香村を散策、いい感じです。
いよいよお待ちかねのピザ屋さん『Pizzeria Lasso』(ピッツェリア・ラッソ)。
前にDNSだった満腹錬で立ち寄っていたので、とても楽しみにしていました。
意外に橿原神宮というか畝傍山のそばにありました。

今回は8名なので、ランチのピザ3種類とパスタ2種類をシェアしました。
みんなで一緒に走るといろんな味を楽しめて嬉しい。
石釜で焼かれたピザはどれも美味しかったです。
満腹とコーヒーを飲み始めると、スイーツは別腹組の皆さんによりケーキ(+180円)を追加。
もちろん美味しくいただきました。

食後は『もんちっち』まで、カロリー消費・・・するまでもなく到着です。
フルーツ盛りといちごをいただき。
冷たく冷えたフルーツはスッキリして意外にペロリとお腹に収まりました。
追加のリクエストにお応えして、先発隊を『木風』にシュークリームにご案内です。
ココは前から気になっていたのですが、ジャージ姿のおっさんが一人で入るのに躊躇していたお店です。
ログハウスの店内に入ってみると、シュークリーム(120円)。
偶然にも店内の席が空いていたので、お願いしたら快く案内していただきました。
ドリンクを頼まなかったのでお店には悪いことをしてしまいました。

皮は少し固めで中のカスタードクリームの甘さが絶妙でした。
次回はお土産にしたいけど、皮が柔らかくならないだろうか?
再集結して、酒船石で古代ロマンに浸った後は岡寺に行きます。
女子率高いので安心していたのに、まさかのヒルクライム!?
とらちちさんにやられた!ずいぶんと補給したので脚が重い。
石舞台へ下りてみると、菜の花と石舞台を一緒に撮影できるポイントをPokeyさんがみつけてくれました。
桜の大樹があり、桜と一緒の石舞台も撮影できそうです。
棚田を巡って、『ラスティック・ベーカリー』によったあと、最後の満腹ポイントは恒例の『チキンショップ中嶋』です。
秋は日暮れと雨で途中で帰宅したので久しぶりです。
食べ過ぎて、夕食が食べられなくならないように少しセーブ気味ですが・・・。
揚げたてのから揚げ美味しい!!
コンビニでノンアルコールビールを買えばよかった。

一押し『手羽のピリ辛』をお土産にしましたが、帰宅後ビールを堪能するまでもなく、
お皿から消えました。もっとイッパイ買っとけばよかった・・・。
「中和で帰る?」ととらちちさんに聞かれたので、みなさんと別れて穴虫を目指します。
後で気づいたけど、ここから穴虫へは上りが続くので、王寺まわりが楽だったかな?

しばらくそのまま走っていると自転車通行禁止になるので、側道におりた。
高架下はJR和歌山線の線路に前を塞がれいたので、素直に高架橋を越えればよかったのに踏切を探して遠回り。
前に走った時の記憶が薄れていたので、スマホのおかげで線路を越えることができました。

走り慣れた明日香も新しい発見もあり、ゆっくりと巡るのはとても楽しかったです。
今回、同行いただいた、みなさんありがとうございました。
今後も一緒に走ることができると嬉しいです。

写真をアップしましたので、ご自由にお使いください。

追伸:翌朝、とらちちさんに分けていただいた『禁断のメタボのモト』を頂きました。
スッキリとしていて美味しかったです。

摂取カロリーをなんとかしないと、思う壺にはまりそうです。

スマホ2013/04/09 12:05

いまさらですが、先月末、住吉公園で家族でお花見。
桜の木の下で、お弁当を食べていると
「日本にうまれてよかった。」
とつくづく思います。

ところで!!
福島中華肝錬で、ガラケーでいいと力説していたのに・・・いきなりスマホ化。
林檎のやつです。

機種変なので電話番号は変わっていません。
メールアドレスはsoftbankから移行してからは同じです。
アドレスの後ろが@softbank.ne.jpから@ezweb.en.jpに変わっただけですので、
よろしくお願いします。

携帯のショートメールとE-mail、PC用のメールを一緒に管理しているのですが、
おかげで少し混乱しています。

GPS代わりになりそうなので、少し遊んでみようと思います。

Windows 8 アップグレード2013/01/15 12:15

自宅PCのOSをWindows7からWindows8にバージョンアップしてみました。

PCのスペックは以下の通り(貧弱!)
ACER Aspire Revo 3610 A44
Windows 7 64bit
CPU Atom330 1.6GHz
メモリ2GB
HDD160GB。

Microsoftによると
・Windows7が動いていたPCならWindows8が稼働する
・Windows7よりも軽くなっている
自宅のPCでも稼働しそうです。

2013年1月31日までのキャンペーンでアップグレード版のパッケージが5,800円。
ダウンロードだと3,300円。
Windows8 Proの通常価格は27,090円!

また、DVD再生に別途必要なMedia Center Pack(5,000円)が同じく2013年1月31日まで無料です。
(DVDドライブに添付されているソフトを使うこともできるらしい)

AmazonでWindows8 Pro アップグレード版が4,981円だったのでポチっとしちゃいました。
というわけで、作業開始。
パッケージを開けるとDVDが32bit版と64bit版の2枚入っています。
Windows XP, Vista, 7からアップグレードできます。

使ってないXPのライセンスとダウンロード版でWindows8 Proにできたらスゴイお得ですね。
64bit版DVDをセットして、セットアップを開始します。

とりあえず、構成を引き継ぐ形でインストール。
しばらくして、ライセンスを入力してチェックをしたら、
セキュリティツールのWindows Defenderのアンインストールとインストールに20GBの領域を確保するように警告される。
あわてて、C:を見てみたら??無い!
HDDは最初からC:とD:に半分ずつにされていたので、そんなハズは?
調べたらipadのバックアップで使っていたので外付けHDDに退避しました。

Windows Defenderは勝手にアンインストール。
再起動して、しばらくはほったらかし・・・。
インストール完了。

つづく・・・?

外は寒いのでバックアップ2012/12/09 09:29

寒波襲来・・・粉雪が舞っています。
東京出張から戻ったところなので、朝からのんびりモード。

年末ということでPCのデータ整理とバックアップを兼ねて、外付けハードディスク(HDD)を買ってきました。

BUFFALO HD-PCT500U3-BJ 500GB
2.5インチのHDD内蔵で、容量は500GB、USB3.0で接続できます。

バックアップが主な目的なのと、PCの筐体が小さいのでバランスを考えて2.5インチのHDDを選びました。
バスパワーといって、USBケーブル1本で電源が取れるのもイイです。

箱は不安になるくらい軽くて、開けてみると小さな本体とUSBケーブル一本。
早速、PCにつないでみると・・・緑色のアクセスランプが眩しいくらいに輝きました。

FAT32形式でフォーマットされているので、そのままでも使えるのですが、
DVテープを取り込んだデータをバックアップしたかったので、NTFS形式に再フォーマットすることにしました。

FAT32は1ファイル4GB以上のファイルを作成できません。
DVテープ約60分をキャプチャすると4GBを越えてしまうので、4GB以上のファイルを扱うことができるNTFSにするしかありません。

Windows7のディスク管理からフォーマットを実行!
と書いてみたが、今までDOSコマンドでしかFORMATしたことがなかった。
説明書にはクイックフォーマットにするとエラーが出ることがあると書いたあったので、チェックボックスを外していざフォーマット!

ステータスバーがなかなか進まない。
クイックフォーマットじゃないし、PC側はUSB2.0だから仕方ないかな!?

・・・なんか、すごい時間がかかりそう(汗)

しばらく放置・・・3時間くらいかかってようやくフォーマット完了。

ヤレヤレ。

その後は無事にPCのバックアップができました。

HDD救出大作戦2012/10/12 19:56

某氏からHDDの救出を依頼された。
とモノを見てみたら日立製の1.8インチHDD!!!
Think Padに入っていたらしい。昔使っていたDynabook SSにも入っていた。
主に軽量PCに採用されていたけど、最近はSDDがメジャーになってきて聞かなくなってきた規格です。

ピンは44本でIDEなので、2.5インチのケースで代用しようと思ったけど、電源が微妙だったので、専用のケースを探してみました。

しかし、1.8インチHDDって東芝と日立くらいで、微妙に仕様が違うらしい。
ということで見つけたのがコレ

HC-H18/U2

アカウントを持っていた楽天で購入。
本日届いたので、HDDから不要部品を外してコネクタに差し込む!
あとはPCとUSBテーブルで接続するだけ・・・。

Think PadってHDDに暗号化されてなかったっけ?
パーティション2つになってなかったっけ?
とりあえずHDDの内容が確認できたみたいです。

よかった。
HDDから異音もしないので、データ救出したら大容量USBとして使えるけど
35GBくらいなんで、今となってはSDHCの方が大容量?

お試しWindows 8で四苦八苦2012/03/14 20:15

VMware Playerを使うと、Windows内で別のOSを起動することができます。
VMware(仮想マシン)をインストールする機会があったので、
その上にWindows8のカスタマープレビュー版(試用版)をインストールしてみました。
ちなみに、仮想マシンではなく直接インストールしてしまうと、バックアップからリカバリするしかないのでご注意ください。
Windows8はタブレット端末でも動くので、初期画面はこんな感じ。
Windwos7までのようにログインプロンプトでないのでとまどう。
タブレットではないので指で操作できないのでマウスでアレコレつついてみる。
画面をドラッグしながらシャッターを開けるように上にあげるとログイン画面が出てきた。
ログインしてみると、タイルが並んだスタートメニュー。
一つ一つがフルスクリーンのアプリでちょうどiPadやスマホみたいに動くアプリです。
いままでのWindowsはデスクトップなのですが、IEが同列に並んでいます。
メトロ表示のIEを試してみる・・・全画面表示か・・・。
×ボタンがない!! どうやって終了するんだ??
上の方にカーソルを持って行って下へドラッグすると画面が小さくなる・・・。
で・・・そのまま下まで持っていくとスタート画面に戻った。
やれやれ・・・。

IEは2種類あって、デスクトップで動くものがおなじみのIEになります。
Windows8のアプリはデスクトップ用とメトロ(タイル表示)用の2種類があるようです。
デスクトップにスタートボタンがありません。
どうやってアプリを起動するの?しばらく格闘しました。
タスクバーの右端にカーソルを置くと右からムニュっとメニューが出てきます。
『虫眼鏡マーク』をクリックすると画面が変わり、おなじみの電卓やペイントが出てきます。
一杯インストールすると、どうなるのか少し不安。
シャットダウンは同じようにムニュっとでてくるメニューの『設定ボタン』をクリックすると『シャットダウン』が出てきます。

Vistaや7よりも軽くできているのは嬉しいけど、タブレット操作を意識し過ぎているような・・・。
もう少しうまく融合できないかな?

miniDVテープ救出作戦(3)2012/02/17 08:58

I/O DATA GV-USB2の添付ソフトでLightCaptureでminiDVテープのキャプチャ開始します。

ビデオカメラ(DCR-TRV10)にはSPモードで撮影していたので、miniDVテープ1本には60分(+2分程度オマケで撮影できます)録画されています。

キャプチャ作業はビデオを再生させている間に、キャプチャするので、1本につき最低60分かかります。
十数本あるので、最低10時間はかかる計算です。
インデックスもちゃんと書き込んでいないので・・・。(汗)
添付のキャプチャソフトLightCaptureは720×480のいわゆる標準(SD)画質でMPEG2で取り込むことができます。

もっと良い画質で取り込みたい!と思ってググってみたらアナログをキャプチャはこのサイズが限界らしいです。
あとはキレイに再生させて、コード接続、キャプチャ製品の機能で劣化をできるだけ抑えるしかないみたいです。

キャプチャしたファイルをアップスケーリング(デジタルテレビでキレイにみれるように)するのはオーサリングソフトやDVD再生機、テレビの機能で決まるらしい。
前置きはこれくらいにして作業開始。

ビデオカメラ(DCR-TRV10)をI/O DATA GV-USB2でパソコン(ACER Aspire Revo 3610 A44)と接続します。

LightCaptureを起動して、ビデオを再生して一旦内容を確認します。

たまに、音声が出てこなかったり、映像が出てこなかったり・・・。
これは、ビデオカメラの調子が悪いのが原因。
電源を入れ直したり、テープの出し入れ、早送り巻き戻しを繰り返して、なんとか映像が出るようにします。
早く、救出しないと危ない・・・。(汗)

録画は簡単、ビデオの再生中にLightCaptureの録画開始、停止ボタンを押すだけ。
ビデオ入力信号を検知して再生を開始するオプションもあります。
しばらく信号が無かったら録画を停止するみたいです。

LightCaptureが書き込むフォルダをD:など容量の大きい場所にあらかじめ設定しておくのが重要です。
一本目はあ~る誕生なので、60分そのままMPEG2ファイルにしてみました。
録画していると、嫁さんが横に座って鑑賞・・・懐かしい。
普段、接続していない機器に思い出が記録されていると、見返すことが無くなるのでもったいないと思いました。

できたMPEG2ファイルのサイズは4.3GB。
DVDの片面1層の記録容量は4.7GBだったはずです。
DVDに2時間の映画が収まるのに1時間の映像が同じサイズなのが不思議。
サンプリングレートを下げるとファイルは小さくなりますが、LightCaptureでは設定できません。(下げると劣化する)

それだけデータを落としていないということだし、家族を撮影した60分のminiDVをなので特に不満はない。

できたファイルはMPEG2なのでWindows Media Playerで再生可能です。
再生も巻き戻しも簡単でとても快適。
画質はもっと悪くなると思っていたので、逆に嬉しいくらいです。
はやく、キャプチャしとけばよかった。

次はDVD作成に挑戦ですが・・・。
まだキャプチャが終わっていないので、しばらくお待ちください。

というわけで、まだ続きます・・・。

miniDVテープ救出作戦(2)2012/02/16 07:13

miniDVテープを救出するためにI/O DATA GV-USB2を買ってきました。
ちなみに上位機器にGV-USB2/HQがあるのですが本体は同じで、BDを作成できるソフトが添付しているらしいです。
箱を開けると、説明書とCDと本体が入っています。
本体は、USBにおなじみの赤白黄色のビデオ端子とS-VHSが接続できるようになっています。

まずはCD-ROMからドライバとキャプチャソフト、DVDオーサリングソフトをインストールします。

キャプチャソフト:LightCapture
 ビデオカメラの映像を読み込んで、PCにMPEG2形式のファイルを作成します。

オーサリングソフト:CyberLink PowerProducer5 for I-O DATA
 MPEG2などのファイルにメニューやチャプタをつけてDVDを作成します。
 もしくはビデオカメラの映像からDVDを作成できるみたいです。

ビデオカメラ(DCR-TRV10)とは赤白黄色の端子でGV-USB2を接続しました。
そして、パソコン(ACER Aspire Revo 3610 A44)のUSB端子に差し込みます。

まずは再生テストをしてみました。
LightCaptureを起動してビデオを再生してみる・・・ビデオの映像が表示されない。(汗)
PowerProducerはエラーメッセージがでて起動もしません。(汗)
何度か再インストールしている間に、セキュリティソフト(フィルタリング機能)が悪さをしているのが分かりました。
一時的に解除して添付ソフトを再インストールします。
ついでに最新バージョンにアップデートをして、ビデオを再生させると・・・。

お!キレイに再生できるやん!!

パソコンのCPUがIntel Atom330なので、性能が不十分ではないかと不安だったのですが、チップセットのNVIDIA IONが動画処理を支援しているおかげでしょうか?
カクカクすることもありません。

LightCaptureはビデオを再生している状態で録画ボタンを押すと録画開始、停止ボタンを押すと終了と操作はとても簡単です。

PowerProducerはビデオカメラから直接DVDを作成できるのですが、MPEGファイルをパソコンに残すのはできないみたい(未確認)なので、LightCaptureをつかってminiDVテープを一旦パソコンに取り込むことにしました。

というわけで、さらに続きます・・・。