ツール・ド・紀伊2014 宇陀2014/09/28 06:20

ツール・ド・紀伊2014の2回目は宇陀・吉野エリアを回ることにしました。
このエリアには吉野山に2ヶ所、五條、大宇陀、東吉野村に1ヶ所ずつスタンプポイントがあります。
吉野山と五條はよく走るので、一番遠い東吉野村と帰路途中にある宇陀のポイントへ行くことに決めました。
6:20頃に自宅を出発。リビエールを過ぎて久しぶりの穴虫峠をヒイヒイいいながら越えます。
早い時間のため交通量も少なく、御所に下りて車坂峠も気持ちよく越えられました。
下市口駅の北側にあったTUTAYAがローソンになっていたので、朝食をとってから補給食をゲットして再出発。
吉野川の左岸を吉野神宮の鳥居をすぎて国道には出ずにそのまま左岸を走ります。
風が涼しくて気持ちいいです。
宮滝で自転車を止めて、渓谷を眺めながらちょっと休憩。
そういえば、ずいぶん前にta2daさん、しょうくんと来たことがあります。
たしか、川上神社から宇陀に抜けて宮奥ダムから談山神社を上って帰りました。
そんなことを考えながら、東吉野村へ向かうのですが意外に時間がかかります。
こんな遠かったかな?もしかしてどこかで道を間違った?
GoogleMapで何度も確認しますが、電波が良くないのかうまく見れない。
疑心暗鬼になりながらも自転車を進めていると、ようやく東吉野村に到着です。
スタンプポイント「天誅義士墓所」の碑でひとつめのスタンプをゲット。
すこし休憩してから折り返すと、途中に「ニホンオオカミの像」があります。
1905年に東吉野村で最後のニホンオオカミが捕獲された場所ということです。
もう100年も経つんですね。
戻っていると宇陀への分岐がありました。
大回りして宇陀に行く道かと、念のために確認したら予定していたコース。
いつもGF吉野で津風呂湖から下りてくる場所でした。
確認して良かったです。
しばらくは上りが続きます。逆回りは斜度がとんでもないので我慢しながら上ります。
11:40頃に道の駅大宇陀に到着。
2つめのスタンプをゲットしたら急にお腹が減ってきました。
事前にチェックしていた「茶房あゆみ」でランチにしようと古い街並みを探していたら残念ながら臨時休業。
コンビニ弁当は趣がないので、ウロウロしていたらちっちゃな看板を発見。
ちょっと入ったところに「cafe b」がありました。
古民家を改装してつかっているお店で、引き戸を開けて「食事できますか?」と聞いた。
「野菜のワンプレートランチがあります」ということでガラス障子を開けます。
畳敷きの和室に6組のテーブル、田舎の親戚の家にお邪魔した感じで落ち着きます。
私のほかにはカップルが2組。
遠慮なく脚を延ばしてくつろぎます。時間がゆっくりとした感じが心地いいです。
今日のランチは栗と黒米のスープと無農薬大豆の揚げ出し豆腐と野菜いっぱいのワンプレート、コーヒー付きで1300円。
スープは栗の優しい甘みがとても美味しい。プレートの方も満足。
いつも食べるのが早いですが、ゆっくりひとつひとつ味を確かめながらいただきました。
コーヒーを飲んでいると根が生えてしまいそうになりました。

12:30頃に後ろ髪をひかれながら再出発。
「女寄」(Miyori)で本日の最高時速を記録しながら桜井まで下ったところで脚が売り切れ。
脚の重さだけでクランクを回している感じで、初瀬川から大和川を下って帰宅しました。
おまけ...奈良には量産型〇〇もあります。


コメント

トラックバック