伊吹山申し込み2008/03/05 12:41

6月4日に開催されるパナソニックヒルクライムin伊吹山ドライブウェイの エントリ代を振り込んできました。
第1回ということなので記念の意味を込めてエントリしていましたが、むすめの幼稚園の入園式と重なったら やめようと思っていたのですが、別の日におこなわれることがわかったので入金を済ませました。
郵便口座から送金しましたが・・・あれ?・・・振込み手数料がついてない!
調べた見たら、 2008年9月30日まで民営化記念キャンペーンらしいです。
エントリ料は郵便口座からにしよう・・・。

賀名生(あのう)梅林2008/03/08 08:30


ロード錬のついでに、梅を観にいこうと思い賀名生(あのう)梅林まで行くことにしました。
コースは大和川-石川CR-観心寺-金剛トンネル-五條-賀名生(あのう)梅林です。
しばらくはいつもの金剛トンネルコースですが、よく考えたら本年最初の金剛トンネルです。

暖かい日でしたが、標高があがっていくにつれて気温が下がってきます。
のぼりではいつものように「はぁはぁ」いっているので、寒さはあまり感じません。
コースも2ヶ所程、舗装が新しくなっています。
舗装がはがれたり、穴が開いていたりしていたので走りやすくなりました。
でも、峠を走るバイクが多くなるので、痛し痒しのところもあるのですが・・・。
トンネルの上には雪が残っています。
五條への下りにウィンドブレーカを羽織るのを忘れたので、風の冷たさに閉口しました。

五條からはダラダラと高度を上げて2つトンネルを抜けると賀名生(あのう)梅林です。
片道約65km。
梅林にはお客さんが目指している坂をあがっていきますが、梅の花はほとんどありません。
標高が高いためかまだつぼみのままの状態で、1~2週間は早いような気がします。
梅林は上の方まで続いていますが、途中で引き返しました。

せっかくなので、地元の人が出している休憩所で関東煮をいただいて戻ってきました。

王滝入金案内2008/03/10 09:00

伊吹山の入金を済ませたら、セルフディスカバリアドベンチャーin王滝100kmの入金案内が来ていました。
昨年は膝が痛くなってCP2でタイムアップしてしましましたが、今年はどこまでいけるでしょうか?

同時に届いたパワースポーツのダイレクトメールをひらくと、ツールド宮古島も6月に開催されるようです。
宮古島1周は100kmのようなので、ちょっと興味をひかれています。
6月王滝の翌週なので、今年はちょいと厳しそうです。来年あたりにトライしてみたいです。

シマノサイクルアカデミー2008/03/20 13:00

こっそり、「シマノサイクルアカデミー」に参加してきました。
ある日なんとなく、シマノのホームページをみていたら、サイクルアカデミーの募集があったので申し込んでみました。
即日定員に達していたみたいなので、ラッキーだったかもしれません。
ブログネタのために、みなさんへは内緒にしていました・・・。
千早赤阪村にある道の駅「ちはやあかさか」の傍にある「くすのきホール」で開催されました。
前日から雨で現地まで行くのがおっくうだったのですが、昼前に小雨になったので出かけることにしました。

途中、あめが強くなってかなり濡れましたが、12:40頃に無事到着、参加者は約40名くらいでした。
講師はもちろん「スキルシマノ」のみなさんです。
当日は、坂東監督、阿部選手、野寺選手、狩野選手、大内選手とメカニックの皆さんがいらっしゃいました。
雨だったので屋内講習班と実走班に別れることになりましたが、これ以上濡れるのも嫌だったし、 ポジションをしっかり見てもらおうと思って屋内講習班を選択しました。

講習では、野寺選手がメインで説明の中、坂東監督や大内選手との掛け合いがあって楽しく進みます。
ポジションなんかの話も、わかっているつもりでも実際に目の前で見ることができるのでとても分かりやすいです。
「目からウロコ」な話もあり常識といわれるものや、思い込みも結構あるんだと再確認しました。

ポジションチェックは大内選手に見ていただきました。
「後乗り気味で、詰まった感じでのっている」とのこと。ポジション改善や疑問へのアドバイスを丁寧にいただきました。
何人ものポジションチェックの際に傍で話を聞いていましたが、共通する悩みも多くて参考になりました。

実走組みと合流して、記念撮影をして16:00に解散になりました。
普段、ポジションをチェックしてもらう機会もないので貴重な体験になりました。

<メモ>
・ 長時間走行するために疲れないフォームを心がける。
・ 膝を無理に閉じる必要はない(欧米人とは骨格が違う)。
・ トレーニング後、30分以内に栄養補給すると効率が良い。
・ ダンシングでもクランクを下まで踏んではいけない。
・ 重いギヤを踏んでいると、乳酸がたまり運動を続けることができない。
・ 基本に忠実に走るだけでなく、基本から外れたこともやってみると意外な発見がある。
・ 体重だけでのぼることができる。

金剛トンネルあんぱん錬2008/03/23 08:10

ひでりんさんにいただいた、ワイドレンジのカセットスプロケットに交換したので試し乗りです。
今週、ケイデンス重視!と「 サイクルアカデミー」で教わったので、あわせて練習してみます。

ギヤを軽めにして、ケイデンス100rpmを目標にクランクをまわしてみます。
シートポジションを替えたおかげか、調子よく回ってくれるので、石川CRの終点まで同じペースを続けました。
天気は曇りでしたが、シャツ1枚に長袖ジャージででかけましたが、すぐに汗をかきます。

今回は ta2daさんのブログにあった金剛トンネルの奈良側を走ってみることにしました。
11-23Tで使っていましたが、11-27T(軟弱者と呼んでください)に交換したので、 今までに比べれば随分下に余裕があるはずですが、すぐにギヤをおとしてしまいます。
ケイデンス重視なんだと自分をごまかしますが、なんか悲しいです。

27Tは変速調整をうまくしていなかったためか、うまく入りません。
何度か変速調整をしながら走り続けます。
また、(前から?)走っていて、フロントがアウタにうまく入らないことが分かってきました。

観心寺を越えたくらいから、左太腿の外側の一部に痛みがでてきました。
梅林にでかけたときと同じだったのですが、翌日には消えていました。
行者水を過ぎたあたりで引き返そうと思ったのですが、27Tならどうにか踏めるので だましだまし上ってみました。


トンネルからは「天誅組が駆けた道」を走ってみることにしました。
いつもは、さぁ~っと小学校まで下りてしまうので、気をつけながら下っていきます。
大きなカーブを曲がったところで、左側に下りていく道がみつかりました。
最初は簡易舗装ですが、途中からしっかりとした舗装道路になります。
勾配は通常のコースに比べるときついので、私にとっては下り専用でしょう。

ず~っと下って神社脇から山麓バイパス(?)に突き当たるので、右折してくだります。
ついた交差点はひでりんさんと走ったときにトイレを借りたACOOPがありました。

交差点を右折して、すぐのところに気になっていたパン屋さんがあるので補給のためによって行くことにしました。
自家製天然酵母の「yum-yum」はかわいい感じのお店で、 あまり広くはないのですが、テラスや店内でも食べられる小さなスペースがあります。
惣菜パン×1、アンパン×2、バターロール×4を購入、レジを終わってから、コーヒーのベンダーがあることを確認しました。
テラスに移動して、惣菜パンからいただくことにしました。
トレイに運ぶときに覚悟していたのですが、中身ぎっしりでおいしかったです。
テラスで休んでいたときにご主人(?)とお話しながらまったしてきました。

ひとつでおなか一杯になって、あんぱん×2、バターロール×4をどうするかという問題にぶつかりました。
ウィンドブレーカや何からで後ろポケットはパンパンでした。
固めなパン生地と思っていたあんぱんも比較的やわらく、バターロールを後ろポケットに入れるわけに行きません。
ウインドブレーカをタイツの後ろに差し込んで、ポケットをひとつ開けて、アンパン2つを投入しました。
バターロールは袋が大きめだったので、サドルにくくりつけておくことにしました。
後ろから走ってくる車はきっと「何ぶらさげとんや?」と思ったことでしょう。

自動精米機を右にはいると、本当にトンネルの道に続いているのか疑わしくなった頃に左に曲がって合流です。
足の痛みが続いていて、合流直前に勾配がキツくなっていくので少し後悔しながら上っていきます。
金剛トンネル脇であんぱんをひとつ食べて帰宅しました。

コース的には、改良の余地がありますが楽しくていい感じです、 パン屋さんの傍には喫茶店もあったので食事するのもいいかもしれません。
それとも、こんなとこで休んじゃダメでしょうか?

フロントディレーラ2008/03/26 22:00

金剛トンネルで変速がイマイチだったので、帰宅してから調整することにしました。
フロントのロー側のプレートをあわせて、アウタ側に変速しようとしますがディレーラが動きません。
ミドル(トリプルなので)には入るのですが、シフタに思い切り力を入れないと変速しません。
走行中からアウタに全く入らないようになっていました。

ディレーラがおかしいのかと思い、ケーブル手で引っ張ってるとディレーラは動きます。
BB下を手で探ってみると、「ん?」ケーブルがどこにもかかっていません。
裏返してみると、普通、シフトケーブルが通っているガイドがケーブルの溝に沿って割れていました。
シフトケーブルがフレームに直接あたっていて、ケーブルが傷をつけています。

シルベスト梅田店のま~ちゃんに相談して入手したガイドに交換しました。
シフトケーブルを外して、ガイドを外すことにしました。
ネジ一本でフレームで固定されているので、ナメないように取り外します。
ガイド側に金属のパーツが嵌まっていたので、ワッシャとともに新しいガイドに取り付けます。
ついでにフレームの汚れを落として、ワックスをかけてからフレームに取り付けました。

変速調整は後日にまわして、ケーブルの取り付けだけをおこなっておきました。

BB下をぶつけた記憶もないし、MTBでも経験が無いので原因もわかりません。
まさか、変速シフトレバーへの力が強すぎて割ってしまった!?
私の知らないあいだに、ショッカーの改造人間にされてしまったのだろうか?

梅は咲~いたか、桜はまだかいなぁ2008/03/30 08:00

朝起きたら、前日の飲み会で大分飲んだので体が重くて仕方がありません。
来週は伊吹山だし、日曜は雨の予報なのでガンバって自転車にまたがります。
午後からひでりんさんが一緒に走っていただけるので、とりあえず金剛方面を目指します。
先週のバターロールが好評で「バケット」が欲しいというので、シマノがイベントで配る袋を持参しました。

信号待ちで、片足クランクを左足ですると「あっ!?」。またまた、左足太腿の外側が痛み始めました。
変な力が入ったのでしょうか?余計なことをしたと反省しながらペースを落として走ることにしました。
石川CRは土手に桜の木が植えられているので、春は屋台も出て花見でにぎやかになります。
桜は3分咲きといった感じですが、ちょっと自転車を止めて写真を撮ってみました。

滝谷不動から観心寺を抜けていつものコースに入ります。
ガイドを交換したので、変速も順調ですが、曇っているので気温は8℃くらいで 標高をあげていくごとに寒くなって、白い息がでてきます。
金剛トンネルに10:50頃に通過して、奈良側にくだっていきます。

2週連続で天然酵母のパン屋さん「yum-yum」でお買物です。
バケットを購入し、オレンジ風味のメロンパンとコーヒーで補給することにしました。
メロンパンは外側がカリカリで中身がふんわりとしていて、とても美味しいです。
ひでりんさんに電話を入れて、12:30に「ラ・フォレスト」に集合することにしました。

電話を置いてから、時間を確認すると11:25。
「無理!」と思って、電話をしようとしたらバッテリ切れになってしまいました。
仕方が無いので、急いで金剛トンネルを上り返して、小深まで下りてきました。
「新千早隧道」を越えていけば早いかと思って、ロープウェイ方面へ右折します。
しばらく上りますが、トンネルが全然見えてきません。
脚の痛みも相変わらずなので無理をしませんでしたが、トンネルの手前で12:30を迎えてしまいました。

12:40頃に「ラ・フォレスト」に到着、ひでりんさんはまだ到着していません。
おそらく、私の脚で五條から1時間でここまで来れないと思っているのでしょうが・・・正解!です。
懐かしい響きの「ナポリタン」を注文して、ひでりんさんを待ちます。

「ナポリタン」が出てくる少し前に、ひでりんさんが到着しました。
「ラ・フォレスタ」はオーナが変わって(?)から有機食品を使ったパスタメインのお店になっています。
厚めに切ったベーコンが入っていて美味しいですが、 喫茶店のウインナが入った真っ赤な「正統派ナポリタン」が食べたかったのでちょっとがっかり。
ひでりんさんが頼んだ「旬のパスタセット」を注文すればよかった・・・。

食後もゆっくり話し込んで、故障中のひでりんさんとは即決で国道309を左折して下から行くことになりました。
ファミリーマートの交差点に弘川寺の看板を見つけたので左折しします。
ワールド牧場の前を通過して、鈴美台を左折すると弘川寺に到着しました。
弘川寺は読売オンラインの桜便りでは咲き始めだったのですが、まだ少し早い感じがしました。
4/5でも間に合うかもしれません。しだれ桜はそろそろキレイに咲きそうな感じがしました。
日のあたる石段に腰掛けて、のんびり話をしてきました。

走行距離116km
やっと、普通のロードレーサの距離を走れるようになってきました・・・。
しかし、伊吹山は脚の痛みもあって若干不安です。