玉子焼きと明石海峡大橋サイクリング2008/02/24 13:00

TREKフラッグシップストア主催のツーリングにあ~ると、とらちちさん親子と一緒に参加しました。
須磨に13:00集合だったので、ちょっと寄り道して、明石まで「玉子焼き」(明石焼き)を食べに行くことにしました。
最近、明石に行ったことがなかったので、第二神明名谷ICで下りたけど、大蔵谷ICが正解だったようです。

コンビニで情報収集していたら、明石海峡大橋開通イベント(自転車で渡橋するイベント、雨で中止)のときに行ったことのある
本家きむらやを情報誌でみつけたので、JRと山陽電車の明石駅の東側にあるアーケードをフェリー乗り場に向かって歩いていきます。
信号待ちをしていると8人くらいの団体が同じ店を目指していることがわかりました。
しんごうが変わるとともに、店に向かって駆け込んで席をゲットしました。


お目当ての「玉子焼き」は1人前20個で800円。関東煮もありましたが、とりあえず1人前ずつ注文しました。
おだしが効いたホワホワの明石焼きは、そのまま食べても、だしにつけてもおいしい。
塩をつけて食べるのがお店のおすすめのようです。私のソースをつけたものをおだしに入れる方法がこどもには受けていました。
こどもたちも一人前をペロリと平らげておなか一杯になりました。
明石からの帰りの社内で「なんで自転車もってきたん?」といったあ~るのことばには笑わされました。


今回は、須磨水族園から明石海峡大橋の海沿いを走る往復20kmのサイクリングです。
須磨水族園の駐車場に車をとめて、自転車を組み立てて、出発と思ったときに足元に不安な感じがする。
左のクリートが外れない!前に外れなかったときはクリートが緩んでいたときだ。
無理に外してみるとクリートがビンディングペダルについたままになっていて、片方のピンの頭が飛んでいた。
新しいシューズだったので、クリートの取り付けが甘かった上に明石の街を歩き回ったのが悪かったのだろうか?
TREKショップに頼み込んでピンをひとつだけ譲ってもらった。28円でした。


水族園の駐車場を抜けると、しばらくは砂浜に続く道路を須磨の海岸を走ります。
夏には海の家が続いている須磨駅の南側も今は何もなくて、いつもとは違う海岸の姿を堪能します。
須磨駅の西側の踏み切りから国道2号線にもどります。須磨浦公園付近はのぼり勾配になっていますが子供たちも元気です。
途中で公園を走り、垂水スポーツガーデンで休憩をとって、明石海峡大橋が見えるところで記念撮影です。

ポルトバザールを抜けて、明石大橋をが大きくなっていくと子供たちの自転車の速度は上がります。
ついには案内の人を置いて、我先に走り抜けていきます。
目的地の橋脚の下に到着すると、明石海峡大橋の偉大さと建設にかかわった人たちに尊敬の念を禁じえませんでした。
時折、雪が待っていましたが、青空ものぞき予想以上に暖かくたのしいツーリングになりました。
今回のツーリングを企画していただいたTREKのみなさん、参加の皆さんに感謝します。